保安管理講習で電気主任技術者の実務経験が2年になるの!?

悩む人
電気主任技術者が管理技術者になるために、5年実務経験が必要だったけど、2年にする方法があるの?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • 管理技術者になるための実務経験について
  • 保安管理講習について

電気主任技術者に必要な実務経験とは

工場などで、自社選任の場合は電気主任技術者は実務経験がなくてもなることができます。

しかし、外部委託に従事する場合は、実務経験がないと電気主任技術者になることはできません。

電気主任の選任形態は次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

悩む人電験3種は試験で合格できたけど、2種は難しいから認定で取りたいな!方法教えて!筆者電験2種は実務経験があれば認定で取得することができますが、普通の高圧の選任では認定の実務経験とみなされまん。[…]

必要な実務経験を減らす方法

必要な実務経験は保安管理講習を受けることで減らすことができます。

通常の保安管理講習では、電験3種の人が外部委託をするために必要な実務経験が5年のところを3年に短縮可能です。

さらに追加で講習(拡充版保安管理業務講習)を受けることで1年の短縮が可能になり、実務経験が2年で外部委託に従事できるようになります。

まとめたものが次の表です。2種や1種はもともと外部委託に従事できるようになる実務経験が少ないためその分短縮できる期間も少なくなっています。

求められる実務経験
1種2種3種
講習制度なし3年4年5年
保安管理講習3年3年3年
拡充版保安管理業務講習2年2年2年

保安管理講習を受けれる場所

保安管理講習は日本全国の保安協会や保安法人で実施しています。

人気があるようで、早めに予約を取らなければすぐに埋まってしまうこともあるようです。

詳しくは経済産業省の保安管理業務実施者一覧をご確認ください。

実務経験を減らすメリット・デメリット

では、外部委託に従事するための実務経験を短縮するメリット・デメリットにはどんなことがあるのか見ていきましょう。

実務経験を減らすデメリット

まずは、デメリットから見ていきましょう。

お金が掛かる

講習を受講するには、電験3種持ちの方で11万円〜13万ほどかかります。

電験2種持ちの方の受講料はもう少し下がりますが、それでも、10万円ほどです。

さらに、追加講習を受けて短縮する場合はもっとかかり、金額面での負担は結構大きいですね。

時間を取られる

保安管理講習は受講日数が5日間あります。

そのため、受講するだけでかなり時間を取られますので、まとまった時間が必要です。

筆者
長期休みを取っていくしかないかもですね!

現場での対応力は少なくなる

当然のことながら実務経験を短縮しますので、その分現場での対応力は少なくなります。

しかし、これは外部委託に従事したあともついていくものなので、それほど心配いらないでしょう。

実務経験を減らすメリット

次に、実務経験を減らすメリットを見ていきましょう。

早く外部委託に従事できる

実務経験を減らして早く外部委託に従事することができます。

会社に縛られず1年でも早く外部委託従事者として働きたい方にはいいでしょう。

実務経験が少なくても外部委託に従事できる

老後に外部委託従事者として働きたいけど、実務経験が2年しかない人は保安管理講習を受けることで、外部委託従事者として働くことができます。

電気主任をするために必要な技術を習得できる

実際に、保安講習を実務経験を積んだ人でも試験器を使ったことがない人もいます。

しかし、保安講習では電気の保安管理に必要な試験器の使い方を一通り教えてくれるので、それだけでも受ける意味は大きいでしょう。

さいごに

電気主任技術者の不足から近年始まった保安管理講習ですが、メリット・デメリットを認識し必要であれば受けてもいいでしょう。

今回の記事のまとめは次の通りです。

保安講習を受けるデメリット
  • お金が掛かる
  • 時間を取られる
  • 現場での対応力は少なくなる

 

保安講習を受けるメリット
  • 早く外部委託に従事できる
  • 実務経験が少なくても外部委託に従事できる
  • 電気主任をするために必要な技術を習得できる